進学・就職

進路指導

目標を見つけ、目標を立てる

校長 小西 二巳夫

 「学ぶ」を考えるときによく使われるのが「学問に王道(近道)なし」との格言である。これは、学問というものは順序を追い系統立てて積み重ねていくことによって習得できるものであり、手軽に一足飛びに身につける方法などあり得ない、という意味である。
 この格言の元はユークリッドという数学者の言葉と言われている。
 彼から幾何学を学んでいたエジプトの王トレミーが「手軽に学ぶ方法はないものか」と尋ねた。その王にユークリッドは「幾何学に(王道)なし」と答えたというのである。
 「学は及ばざるが如くす」という格言がある。これは「学問はつねに休まずに努力し続けなければならない」という意味である。 子どもの頃から机の前に座るのが苦手だった私には耳の痛い格言である。
 しかしそういう私が励まされた格言もある。
 「学の前に書来る」。これは、学びたい気持があれば書物は自然に手に入る。よって本当に何かを成し遂げたい志があれば、必要なものは自然に手にすることができる、という意味の格言である。
 何を学びたいのか、何をしたいのか、という目的が明確になると、人は自発的に、積極的に、継続的に学びたくなる。また苦手なこと、面倒なことにも取り組む力が湧いてくる。それは私が実感してきたことである。
 「学に老若の別なし」というのもある。学問に年齢は関係しない。何歳であっても学ぶべきことはたくさんある、ということである。
 「学ぶ」ことにおいて「遅い」ということはないのである。進学を前に今の自分としっかり向き合い、目的が何かを見いだし、どこに目標を立てるか考えてほしい。
 真剣に悩むことによって道は開かれていく。
 私たち教職員は全力を挙げて「学びと進学」の支援を行いたいと考えている。

■進路指導年間スケジュール

日 付スケジュール動き
5月進路ハンドブック配布1、2、3年生共通
5/25(水)第1回指定校推薦希望調査 
6/19(日)敬和学園大学
オープンスクール
 
7/8(金)第2回指定校推薦希望調査実質的にこの希望調査でほぼ決定とします。
8/26(金)第1次指定校推薦公募締切 専門学校1年生、2年生は進路アワー
8/29(月)第3回(最終)指定校推薦希望調査微調整のみ。これ以降の指定校推薦希望は受け付けません。
8/30(火)第1回推薦会議 
9/2(金)第2次指定校推薦公募締め切り特別指定校(桜美林大学、関西学院大学、国際基督教大学、玉川大学、同志社大学、東北学院大学、北星学園大学、明治学院大学、立教大学、青山学院大学)
9/6(火)第2回推薦会議 
9/16(金)第3次指定校推薦公募締め切り特別指定校(上記以外) 一般指定校
9/23(火)第3回推薦会議 
9/27(火)第4次指定校推薦公募締め切り敬和学園大学のみ
10/4(火)第4回推薦会議 
10/18(火)第5回推薦会議
(予備)
 
11/9(水)進路・カリキュラムデー1、2年生対象
2/8-9進路デイズ2年生対象